転移のことを考える|痛風とすい臓がんを上手く判別して健康な体を保つ|医師の診察
先生

痛風とすい臓がんを上手く判別して健康な体を保つ|医師の診察

転移のことを考える

聴診器

治療方法の把握

すい臓がんは転移しやすいがんとして有名なのですが、手術などによってがん細胞を切除しても小さながん細胞が残されている可能性があり、しばらく経つとまた細胞が活発に動き出してしまう危険性があります。そのため、すい臓がんの進行が進んでいる時はがん細胞の切除が終わった後に抗癌剤などによる治療を進めることが一般的です。がんの再発を予防するために行われる治療はいくつかあるのですが、治療期間は半年から数年かけて行われることが多く、長時間の治療が必要になりますので自分の体調をしっかりと整えることが大切です。がん細胞は油っこい食生活や喫煙、飲酒や運動不足などが原因で生じることが多いので普段からがん細胞を発生させないように健康的な生活を心掛けることが大切です。

転移する場所に注意

転移することが多いすい臓がんですが、すい臓がんが転移してしまった時は落ち込んでしまいがちなのですが、治療方法は複数ありますので前向きに考えましょう。転移した臓器が1ヶ所だけで、大きさがまだ小さければ手術による治療によって改善を進めることが可能です。しかし、転移する場所によっては危険なこともありますので注意が必要です。すい臓がん細胞が転移する場所として最も恐れられているのが、血管やリンパへの転移です。血管やリンパに転移してしまいますと、血管などを通って体全身にがん細胞が流れこんでしまうリスクがあり、とても危険です。転移した場所がどこなのかしっかりと把握することが大切です。病院に行って、転移しないように治療を徹底していくことが大切です。