すい臓がんの特徴|痛風とすい臓がんを上手く判別して健康な体を保つ|医師の診察
先生

痛風とすい臓がんを上手く判別して健康な体を保つ|医師の診察

すい臓がんの特徴

医師

見つけにくいすい臓がん

重大な病気として認知されることが多いがんですが、近年は医療技術の向上によって早期発見をすることができるようになっています。早期発見率が上がったことにより、治療が難しいとされていたがんも治療で完治が期待できるようになったのです。その為、がんは早期発見を行なうことが重要なのですが、がんの中には早期発見しにくいがんもあり、最も有名なのがすい臓がんです。すい臓の周りに胃や肝臓などの臓器が多いため、なかなか見つけることができないやっかいな病気です。すい臓がんが転移してしまう前にしっかりと精密検査を受けることが大切です。通常の検査では見つけることが難しく、転移のリスクが高まってしまいますので専門の医師に相談しながら気になった時は検査を依頼しましょう。

初期症状を把握することが重要

すい臓がんの進行は局所が進展する状態と他の臓器への転移の2種類が存在します。局所の進展による症状は胆汁の流れの以上による黄疸や、リンパ腫の腫れによって消化管に異常が発生してしまい食べたものを嘔吐してしまう症状があり、症状が現れた時は早めに医師の診察を受けましょう。多臓器への転移による症状による症状の中でも最も有名なのが肝臓への転移です。肝臓への転移が起きてしまいますと黄疸や体重の減少、ヘルペスが発症します。初期症状に注意することで早期発見をすることができますので、治療を効率的に進めることができるでしょう。まだ初期状態だからと甘く考えてしまうと、転移が進み取り返しのつかないことになってしまう危険性がありますので気をつけましょう。