基本を学ぶ|痛風とすい臓がんを上手く判別して健康な体を保つ|医師の診察
先生

痛風とすい臓がんを上手く判別して健康な体を保つ|医師の診察

基本を学ぶ

病院

転移しやすいがん

すい臓がんにかかってしまう人は胃がんなどに比べると少ないのですが、すい臓がんはかなり厄介な癌として有名なので注意が必要です。膵臓は臓器が小さいため、自覚症状が少ないため、病気の進行を簡単に把握することはできません。血液検査などでも見つけるのは困難となっておりすい臓の近くには血管が多いので転移しやすいのも大きなデメリットです。すい臓がんは転移しやすいがんなのですが、肝臓や腹膜、リンパ節や肺など転移する場所が多いので注意が必要です。がんは悪性腫瘍と呼ばれることが多いのですが、悪性腫瘍となってしまうと正常な細胞から栄養を吸収しながら肥大化し増殖しますので結果的に転移が進んでしまいます。転移する前に治療を行えるようにしましょう。

治療法の把握

すい臓がんが転移する前に治療を行なうことで志望するリスクを抑えることができるのですが、すい臓がんは進行速度の早い癌ですので、スピードが重要です。悪性腫瘍であるがん細胞の大きさがまだ小さいステージ1や2と呼ばれている初期症状の時はがん細胞の病巣やリンパ節を切除する治療が進められます。すい臓は、命を保つために欠かせない臓器ですので、全摘出が行われることはありません。がん細胞が周辺の臓器などに転移している状態の時は、手術による治療では無く抗癌剤や放射線による治療を行なうことが一般的です。がん細胞を一度にたくさん消滅させることができる治療なのですが、副作用も重いのでしっかりと医師の説明を効くことが重要です。